教員紹介

氏名 岩岡 中正(いわおか なかまさ)

専攻 政治思想史

研究テーマ 政治思想史、共同性の思想研究

略歴  昭和23年熊本市生まれ。
 九州大学法学部および大学院修了後、ロンドン大学L.S.Eへ留学。帰国後、熊本大学法学部教員。故郷熊本の自宅へ戻って、ただ今、生家に住んでます。
2人の娘は結婚して県外在住、ただ今妻とのんびり2人暮らし。酒と詩(俳句)をちょっとたしなみます。
 研究面では、日本政治学会、政治思想学会、イギリス哲学会などに属し,『詩の政治学--イギリス・ロマン主義政治思想研究』(木鐸社、1990年)で博士(法学・九州大学)。
 その後、40歳代半ばより、『苦海浄土』の著者で水俣の思想家・石牟礼道子の研究もはじめました。
 現在の研究テーマは、西洋・日本の政治思想史の中でも反近代思想および共同性の思想研究で、『ロマン主義から石牟礼へ--近代批判と共同性の回復』(木鐸社、2007年)や編著『石牟礼道子の世界』(弦書房、2006年)などを出版したりしています。
 また文化と地域形成にも関心があり、この6~7年「熊本ルネッサンス運動」にも関わっています。

自己紹介  その他、趣味として20歳から俳句をやっていて、高浜虚子の「ホトトギス」という雑誌に属しています。
 第1句集『春雪』(ふらんす堂、2008年)で、第50回熊日文学賞。ことば・詩・思想の魅力にとりつかれています。

CiNii

  教員一覧に戻る