学生・教員リレーエッセイ

2011.02.07  <教員 E.H>

 去年の4月、初めて熊本に来た私は、九州の冬は暖かいのだろうと思っていました。しかし、予想以上に熊本の冬は厳しく、先日行われたセンター試験当日は雪のちらつく寒さでした。受験生の皆さんは、カイロ片手に頑張っていましたが、日頃の頑張りを出し切れましたか?
 思えば○年前、私もセンター試験を受験したなぁと思いながら、得意だった数学の問題を見て......絶句。あんなに必死で勉強したのに忘れてる(苦笑)。とはいえ、受験勉強の中、新しい知識との出会いはいつも面白かったというワクワク感や、今大学や生活の中で直接には使っていない知識も「自分で考える力」を養うのに役立ったという実感をもって、大学で過ごしています。高校生の皆さんは、時々「何のために勉強しているのか、これは人生で必要なのか」と感じているかもしれません。しかし、勉強に取り組む基礎体力作りを今頑張れば、その先には、大学で知らないことを知ることができるという、次の一歩に踏み出すことができます。高校生の皆さんは、是非それを目指して、寒さに負けずに頑張ってください。